子どもの幼稚園入園をきっかけに再びするようになった脇汗対策について。

MENU

子どもの幼稚園入園をきっかけに再びするようになった脇汗対策について。

 

現在39歳の専業主婦です。40代前半の夫と9歳の長女、4歳の次女と一緒に地方都市に住んでいます。最近は育児が多忙になって自分の身だしなみに気を使えないのが大きな悩みです。

 

元々脇汗が出やすい体質に悩んでいました。

私は10代の頃から脇汗が出やすいことに悩んでいました。濃色系の服を着用すると脇の部分が汗を吸って目立ってしまうことから、できる限り濃色系の色の服は避けていた上に淡色系の服でも汗を吸い取るシートを服に着用し、人から汗が見えないようにしていました。

 

他にも帰宅後はすぐに汗拭きシートを使用したり制汗スプレーを使用したりと脇汗への対策はたくさんしてきました。

 

しかし30歳で長女を出産して以降は子どもの世話で多忙になったことから、脇汗への対策が甘くなってしまいました。そして仕事も退職して専業主婦になったことから、人と会う機会も減少したのでそれほど人に脇汗を見られることもないと思いしばらくは脇汗のことなど忘れていました。

 

子どもの幼稚園入園で脇汗に関しの状況が変わりました。

こうして脇汗の対策を一切せずに3年間過ごしたのですが、長女が3歳で幼稚園に入園することになったため、送り迎えや行事などで再び多くの人と会うようになりました。

 

春頃は服も数枚重ねて着用していることから問題はなかったのですが、6月頃になって急に暑くなった時子どもが私の脇の方を指さして濡れているけども水遊びしたの?と聞いてきたのです。

 

私はそこで脇汗をかきやすかった体質であることについて思い出し、脇を見てみるとかなり広範囲にわたって濡れている状態でした。その日はよりによって濃色系の服を着用していたことから、余計に濡れた部分が目立っていたのです。

 

その日は子どもを迎えに行って10分ほど他のママ友と話をしていたので、その状態がずっとママ友に見られていたかもしれないと思うととても恥ずかしく感じました。ただしその時リュックを背負っていたことから、脇汗に関してはほとんど目立たなかったようで少しホッとしました。

 

人に会うようになった現在の脇汗への対策について。

子どもが幼稚園に入園し、再び脇汗対策に本腰を入れないといけないと思いました。以前のように再び汗を吸い取るシートを服に使用し、制汗スプレーや汗拭きシートを使うようになりました。

 

服も育児中は子どもに汚されると思って濃色系のものが増えていたのですが、脇汗が目立たないように淡色系の服も追加して購入しました。

 

ただし現在は仕事をしておらず、まだそれほど多くの人に会うこともなく時間もそうそうないため、対策をするのは平日くらいにしています。

 

かつては学業や仕事の事情で真夏でも外で活動している機会が多くそれが脇汗を増やすリスクを上げていたのでしょうが、現在は真夏にどうしても外に出なければいけないという機会は少ないことから、対策はしたりしなかったりという状況です。