私はワキ汗をかきやすく、職場の同僚に指摘されてしまいました

MENU

私はワキ汗をかきやすく、職場の同僚に指摘されてしまいました 

私は50歳の女性で、現在の職業はフリーライターです。数年前まで会社に勤務していました。職場では私服でした。私はすぐに脇汗をかいてしまうので、職場の人からそれを指摘されてヒヤッとしたことがありました。

 

夏の色の濃いTシャツやブラウスは脇汗が目立ってしまう

脇汗を自分の意志で止めることはできないので、やはり脇汗が目立たないようにするしかありません。
幸い、私はワキガではないので、汗の量だけが悩みになっています。

 

それでも普段からニオイのキツイ食べ物やお酒は控えるようにしています。
体臭が気になってしまうからです。

 

汗自体の臭いはそれほどなくても、衣服に付いた脇汗に雑菌が繁殖して臭いになってしまうことがあります。
なので、できれば脇汗をたくさんかいたら早めに着替えたいと思っています。

 

自宅にいる時はそれができますが、職場だとなかなか難しいものです。
昼休みに着替えたこともありましたが、オフィスワークだったので通勤時に汗をかく程度でした。

 

それでも色の濃い服を着ていると、脇汗がかなり目立ってしまい、職場の同僚に指摘されてしまうこともありました。

 

自分では気が付かない脇汗でヒヤッとしてしまう

夏は朝から気温が上がるので、通勤するだけでも脇汗びっしょりという状態になってしまいました。
汗をかいていても自分が見るよりも、他の人の方が私の汗は目に入りやすく、目立ってしまいます。

 

なので、自分ではそれほどでもないと思っていても、実はけっこう脇汗がひどいことがあります。
私の場合は脇汗だけではなく、胸の辺りもかなり汗をかきます。

 

なので、汗の量が多いと、下着のラインが見えてしまい、さらに恥ずかしくなってしまいます。
同性の職場の同僚に下着のラインが見えると言われたこともありました。

 

最初はドキッとしたのですが、どうしようもないので、いつの間にかそのまま諦めてしまうことが多くなってしまいました。
暑すぎる時は思考回路もストップしてしまい、恥ずかしい気持ちが減ってしまうのかもしれません。

 

脇汗が目立たない服装をするように心がけています

半袖のブラウスやシャツは襟があるので、汗で首周りのベタ付きが嫌でした。
そのため、首周りがスッキリしているTシャツを着ることが多くありました。

 

しかし、何度か脇汗を指摘されてしまったことで、やはりこれは何とかしなければいけないと思うようになりました。

 

自分よりも周りの人が私の脇汗を見て、不快に思っているのではないかと思ったからです。
そこでなるべく脇汗が目立たない少しゆったりしたシャツを着るようにしました。

 

開襟や丸首の襟のシャツならば、それほど首周りの汗のベタ付きも気になりません。
また、シャツは色に関係なく無地ではなく、柄物やストライプなどの模様の入った物を着るようにしました。

 

袖ぐりもゆったりしているので、風通しが良く、脇汗をかいても乾きやすいのが気に入っています。