脇の臭いに気付いた中学時代、脇の臭いが気付かれないように過ごすのが大変だったこと

MENU

脇の臭いに気付いた中学時代、脇の臭いが気付かれないように過ごすのが大変だったこと

33歳のパートとして事務職をしていており、独身で家族と実家で暮らしています。オシャレとか流行に疎いところがあり、一言で言うとマイペースな人間です。

 

脇の臭いに気付いたのは中学生の頃

中学生の頃に体育の授業が終わり着替えている時に脇から変な臭いがすると感じました。
自分から発してる臭いなのか不安になりましたが、周囲に色々な人が着替えていたので、もしかしたら汗が混ざって変な臭いと感じただけなのかなと思ったのでその時は特に気にしませんでした。

 

そして体育の後以外で、脇の臭いが変だなと気が付くことがありました。
自宅に帰って制服のブラウスを脱いだ時に体育の後に感じたのと同じような変な臭いが出ていました。

 

部屋で一人で着替えていて臭いが変だと感じたので、体育の後に感じたあの臭いも自分が元凶だったのだと気づきました。

 

自分から脇の臭いが出ていることに大きなショックを受け、何とかしなくちゃと本気で思いました。

 

脇の臭いが気付かれないようにデオトラント商品をこまめに使うようにした

自分の脇から臭いを感じるようになってから、デオトラントスプレーやシートなどを買って対策をしました。
中学生だったので少ないお小遣いでデオトラント商品を買うのは大変でしたが、脇の臭いでいじめられたりするのは嫌なので、お金がかかっても脇の臭いを阻止しなくてはと必死でした。

 

朝はデオトラントスプレーを脇にしっかりつけて学校に行き、授業が終わるたびにお手洗いに行ってシートを使って脇を拭いて、こまめに臭いを除去するように心がけました。

 

体育の時間の後は脇の臭いが感じやすいので、できるだけ周囲と離れたところで着替えるようにしたり、お手洗いで着替えて臭いに気付かれないようにしました。

 

デオトラント商品を使えばとにかく臭いは抑えられると思いこみ、臭いで臭いを封じたことで不快な臭いが出ないように努力し、そのおかげで周囲に脇の臭いに気付かれることはありませんでした。

 

デオトラント商品の使いすぎで脇が荒れたり、臭いが混ざって嫌な臭いを発するように

スプレーもシートも沢山使っていたため、それだけ肌に負担をかけていました。
スプレーは凍傷するほど使っていて、脇がヒリヒリしたり荒れたりすることが多くなりました。

 

肌がヒリヒリしても荒れていても脇の臭いに気付かれてしまう方が怖かったので、肌がボロボロになっていてもスプレーとシートを使い続けていました。

 

そして、デオトラント製品の臭いと脇の臭いが混ざることでより臭いが悪化していることに気付いてしまいました。
臭いで臭いを封じ込めていたはずが、臭い同士が混ざってより脇から不快な臭いが出るようになり、デオトラント製品を使っても安心はできなくなりました。

 

無香料のものを使ったり、汗をこまめに拭いたり、自分の脇の臭いで迷惑にならない様に人と距離を取ったりして、脇の臭いに気付かれない様に過ごしました。