ワキガの原因になるのはどんな菌?

MENU

ワキガは菌が原因だと聞きましたが、どんな菌が原因になるのですか。

ワキガは菌が原因だと聞きましたが、どんな菌が原因になるのですか。

ワキガの心配がある20代です。原因は菌の繁殖らしいですがアルコール除菌すればワキガは改善できますか。

ワキガは確かに臭い菌の繁殖が原因になります。皮膚の表面には目に見えない色々な雑菌が住んでいますが、なかには善玉菌もいるためすべて殺菌するともともと肌が持っている殺菌力がなくなる原因です。

 

アルコール除菌は99%近くの菌を処理することができますが、脇汗が出てしまえばすぐに菌は繁殖してしまいます。例えばお風呂に入った後はワキガの臭いは消えていますよね。これは石鹸成分などにより肌の表面が綺麗になり菌が洗い流れているためです。アルコール除菌は数時間で菌が元に戻ってしまう可能性がありますよ。

ワキガの原因になる菌と除菌する方法について

ワキガは肌の表面を清潔にすればそれで解決できそうなイメージがありますよね。しかし問題は肌の表面だけでなく色々な要因があります。臭いの原因となる菌ですが、ワキガとどのような関係があるのか、早速詳しく見ていきましょう。

 

菌を減らすことがコツ!ワキガの原因菌の種類とは

ワキガの原因はアポクリン腺から分泌される汗です。この汗自体は無臭なのですが、皮脂や肌の表面にいる常在菌により分解されると臭いが発生する仕組みになっています。

 

菌の中でも臭いと関係の強いものがコリネバクテリウム菌と呼ばれるもので、ワキガの肌から多く発見されています。またジフテリア菌などもありこれらの菌はとても繁殖力がある点も特徴です。

 

それに対して一般的な汗臭い原因となる菌が表皮ブドウ菌と呼ばれるもの。仕組みは同じで菌が汗を分解する時に、汗臭い独特の臭いを発生させます。

 

除菌するだけではワキガは効果がない理由

では殺菌すればワキガは治るのでは?と思いますよね。アルコール除菌で菌を減らすことは可能ですが、ワキガの菌は繁殖力があるためアルコールを使った場合でも数時間後でまた同じ状態に戻ってしまいます。

 

ワキガは殺菌だけでは効果がなく、実は菌の餌をなくすことが大切なのです。そのためにはアポクリン腺を取り除く手術をするか、制汗剤を使って対処することが方法のひとつですよ。

 

ワキガの原因菌を効率的にケアする簡単な方法

ワキガの原因菌を殺菌するにはアルコールのような強い成分は肌に刺激になり、皮脂の分泌も不安定になる可能性があります。汗は毎日かくものですから、できるだけデリケートに臭い対策をしたいですよね。そこでオススメしたいのがワキガクリーム。

 

殺菌成分だけでなく抑汗成分や保湿成分が配合されていますので、肌の働きを促進しながらワキガ対策ができます。無香料タイプも多いので、香水と一緒にも使えますよ。

関連ページ

ダイエットしたら体臭が強くなったのですが治すことはできますか。
いきなり食事制限を始めて減量をしたら、最近なんだか自分の体が臭うようになり、とくにワキガで悩んでいます。前はこんなことがなかったのですが、もう治すことはできないのでしょうか。
父親がワキガなのですが、子供にも遺伝するというのは本当ですか。
父親がワキガで臭いがとてもきつくて傍にも寄りたくないほど。ワキガって遺伝すると聞いたのですが本当ですか。今私は20代でそれほどワキガは気になりません。
ワキガになりやすいタイプってあるのですか。
ワキガになっているようで最近とても心配です。市販のスプレーを使って毎日臭い対策はやっています。そもそもワキガってなりやすい体質とかタイプってあるのですか。